社長メッセージ

社長メッセージ

1995年ソフトバンクの前身である東京デジタルホンのショップを横須賀に開設したのが当社の始まりです。当時の携帯電話はランニングコストが高く、10人に一人しか持っていない高級品でした。横須賀のある三浦半島では15%程度のエリアしかなかった頃です。

そんな携帯電話は年を追っていくうちにショートメール、カメラ、インターネット接続、スマートフォン、従来の携帯電話の枠を超えた、全く新しいコミュニケーションツールへと進化してきました。

しかし、便利になる一方で、実際にそれを活用できる人とできない人との間で格差が生まれ、それが急ピッチで広がりつつあります。最先端のツールやサービスを使いこなしているのが一握りの人間では社会は豊かになりません。かつて「携帯電話なんかいらない」と言っていた方々も、今では普通に利用しています。みんなが持っているから、例えば友達との関係さえより簡単に拡げてゆけるのです。これはSNSだけでなく、今後生まれるサービスでも同様です。世界中の人々がつながりを深めていくために、私たちは新しいコミュニケーションを提案し続けていきます。

代表取締役 吉田 正樹