沿革

吉田通信ヒストリー

1995年よりデジタルホン横須賀店の開店を皮切りに
吉田通信は携帯電話の普及とともに成長をし続けています。
激動する携帯電話事業の変革と共に吉田通信の軌跡ご紹介します。


平成7年

業界の動き
NTTドコモ
着信メロディ機能が
世界で初めて搭載
(1996年)

創業

12月
東京デジタルフォン(株)(現 ソフトバンクモバイル)と
代理店契約を締結しキャリアショップ事業を開始


平成9年

業界の動き
各社の
ショートメールサービス
NTTドコモ→10円メール
IDO→プチメール
J-フォン→Sky Walker

デジタルホン
社名を「J-フォン」に
(1997年)

J-フォンより
初のカラー液晶端末が発売
(1999年)

始動

6月
商号を「吉田通信株式会社」に変更


当時のJ-フォン


平成12年

業界の動き
J-PHONEから初の
カメラ付き携帯電話が発売

Jフォンは、
「写メール」サービスを開始
(2001年)

J-フォン株式会社、
ボーダフォン株式会社
に社名変更(2003年)

ボーダフォン株式会社、
ソフトバンクモバイル株式会社
に社名変更(2006年)

携帯+PHS契約台数が
1億台を超える(2007年)

iPhone 3G 発売
(2008年)

快進

5月
J-フォンショップ二俣川法人営業チーム
(現)吉田通信株式会社法人営業部を創設


携帯天国

9月
自社ブランド携帯天国を創設し
携帯電話併売店事業を開始


平成21年






展開

8月
ブルータス株式会社(横浜市港北区日吉本町)と合併。
自社ブランドエコモバイルを創設し中古携帯電話事業を開始


エコモバイル1号店


平成23年






拡大

3月
株式会社ウィルコムと代理店契約を締結


ウィルコム1号店


平成24年






飛躍

3月
神奈川県横浜市金港町に自社ビル、Quadrifoglio(クアドリフォリオ)を新築し、本社を移転


新社屋社内


平成25年


平成26年




進出

2013年2月
九州2店舗オープン ソフトバンク 六本松、南福岡


ソフトバンク六本松

2014年2月
大阪1店舗オープン エコモバイル なんば
2014年3月
九州3店舗目オープン ソフトバンク 和白


エコモバイル なんば


平成27年






参入

3月
自然エネルギー事業部創設
福岡県田川郡のクアドリフォリオ田川発電所で通電開始


クアドリフォリオ田川発電所